明子ウェルネス・クリニックトップページへ
明子ウェルネス・クリニックからのお知らせ
明子ウェルネス・クリニックの医師のご紹介
明子ウェルネス・クリニックのご案内
明子ウェルネス・クリニックまでの交通案内
明子ウェルネス・クリニック初診の方へ
明子ウェルネス・クリニックによくある質問
リンク集












基礎体温の測定・避妊法について



基礎体温=basal body temperature (BBT)について

体を動かさない状態で 、心臓の拍動と呼吸、動き等で生まれた熱=基礎代謝熱を測ったものです。 排卵すると体温が少しだけ上がる仕組みになっておりますので、毎日体温測定することによって、排卵のリズムを知ることができます。

基礎体温は「婦人体温計」という通常の体温計より目盛りがひとつ細かい体温計を用いて測定します。 水銀計でも電子式のものでもかまいませんが、電子式の場合は電池切れや先端部分の老朽化のないものを用意してください。 一本1000円から2000円で購入できます。高価なものは必要ありません(下記注を参照ください)。

婦人体温計を枕元に置き、片手を伸ばせばすぐ届くようにしておいてから、休みます。 ぐっすり、熟睡して目覚めたときに体温計をとり、舌下(舌のうらがわ)にはさんで体温を測定します。 この際、上体をむくっと起こして体温計をとるなどしてはいけません。手だけ動かして体温計をとるように、よけいな運動をしないように気をつけます。

通常、体温を測定するよりも一つ目盛りを細かく、小数点第二位まで、体温を測定します。
例:36.24度

測定した体温は、グラフに書き込みます。

毎日測定することが大切です。

ときに腹痛があったり、おりものに気がついたりすることもあります。そういったエピソードは備考欄に記録します。


注・・・電子式の体温計で、測定した体温が記録されて液晶画面であらわれるようなものが市販されていますが、それだと診療においては情報が得にくく、せっかく高価なものを購入されても役に立たない、使えないというのが実状です。薬局で、ノート型になった体温表を売っています。一冊300円ほどですので、それが一般的で良い方法だと考えます(グラフの目盛りを自作なさる方もありますが、目盛りの取り方によって読みづらいケースも見受けます)。また、インターネットサイトで体温表をダウンロードできるところもありますので、それを利用なさってもよいでしょう。

サイトの一例...http://www.kao.co.jp/laurier/


拡大図は こちら




避妊法について

妊娠を期待しないで性交を行う場合、必ず避妊を行わなくてはなりません。
(当然のことなのですけれども、あえてここにこうして明記しなければならないほど、きちんと認識していただく必要があるのです) 避妊方法として、現在あてにしてよいのは下記の3種類だけです。 (男性女性ともに、不妊手術をのぞきます。可逆的な手段のみ、挙げます)
  1. ピル
  2. 子宮内避妊具(リングと呼ぶことが多いです)
  3. コンドーム(男性用、女性用があり)...(注)
(注)...3.については、使用の仕方に問題があることがかなり多いように見受けられます。専門家の説明・指導をぜひ、お受けになるべきです。

避妊の相談を希望して当院を受診なさる方も、もちろんいらっしゃいます。
とても大切な知識です。
詳しくは、診察室にて説明いたします。