院内のご紹介

当院の中を少しだけご紹介いたします☆

形成外科

形成外科の診療を週1回始めました

自費診療案内

当院の自費診療についてご案内いたします

自費診療の料金案内

当院の自費診療の料金ついてご案内いたします

ほくろ
褐色から黒褐色をしていて、形は平らなものから、膨隆したものまであります。
治療は切除する方法、あるいはレーザー治療が効果的なものもあります。

粉瘤(ふんりゅう)
皮膚の一部が陥凹して袋状になったもので、内容物は悪臭のある粥状になった皮膚の垢です。
中身を押し出して治療する方法もありますが、袋が残っている限りまた大きくなります。
細菌が袋に入ると化膿し、痛みを伴い赤く腫れ上がることがあります。
治療は化膿していないときに皮膚を含めて袋ごと切除します。

脂肪腫
皮膚の下に発生するものの中で最も多くみられる良性の腫瘍です。
通常は症状がなく、皮膚がドーム状に盛り上って柔らかいしこりとして触れます。
治療は皮膚を切開し摘出します。

イボ(尋常性疣贅)
ウイルスが小さな傷から皮膚に入って増えたもので、一種の感染症です。
小児の手や足の裏などによくできます。治療は液体窒素で焼く方法が一般的ですが、なかなか治らない場合は切除することもあります。

脂漏性角化症
老化により生じるイボです。やや年配の方の顔、頭、体幹に主に出来るもので、しみが徐々に隆起してイボ状になることが多いです。時にかゆみを伴います。

血管腫
血管の細胞や形の異常によって生じますが、その原因となる細胞や血管によっていくつかに分類されます。